So-net無料ブログ作成

ジャック・バルバロッサ・バンコラン

ジャック・バルバロッサ・バンコラン(Jack Barbarossa Bancoran)は、魔夜峰央の漫画『パタリロ!』に登場する架空の人物である。フルネームは上述の通りジャック・バルバロッサ・バンコランだが、母親につけられたミドルネームを嫌い普段はジャック・バンコランとのみ名乗っている。詳細は後述。劇中ではバンコランと呼ばれることが多く、ファーストネームで彼を呼ぶ例はあまり見られない。人物彼が生まれたバンコラン家は軍人を多く出してきた家系であるが、それと同時に代々の男性が軒並み外れた同性愛者という特殊な家系でもある。両性愛者なのではなく純粋に男性だけを愛するバンコラン家の男たちは、家系が絶えぬように已む無く女性とも関係を持ち子孫を残してきた。早くに死に別れた父は例外的な異性愛者だったらしい。幼年期にはその自覚は無かったようだが長じてからはバンコラン本人も同性愛者となっている。イギリス情報局秘密情報部(MI6)所属の凄腕エージェント。階級は「少佐」であるが、陸海空軍の所属は不明。殺人許可証(形のない身分ではなく、証明書を提示して見せた事がある)を保持する人物(いわゆるダブルオー(OO)要員)である。一時、「霧のロンドンエアポート」という呼び出し符号を持ち、テレビや電報などで呼び出されていたことがあった。誕生日は12月25日、作品中での年齢は27歳。常にシガーを切らさないヘビースモーカーで人がいなければ禁煙の場所でも遠慮なく喫煙し、悪びれることはない。飲酒の直後に車を運転するようなシーンも過去にはあったが、近年はあまり見られない。健啖家だが食事内容はもっぱらワインとステーキばかりと偏食が目立つ。しかしそれが原因で体を壊したことはないらしい(タマネギの仮説によると肉食獣と同じ体質)。食事のスピードは速く、本人曰く「エネルギー補給に時間をかける趣味はない」とのこと。徹夜しても一杯のウォッカを睡眠の代わりとすることができるらしい。来歴生来美しい容姿の持ち主で、幼少時はかくれんぼなどの遊びや冗談が好きで笑顔を絶やさない明るい少年だったが、とある事件以降はあまり笑顔を見せなくなった。父親の死後、生活能力がなく、かつ贅沢をやめられず借金を重ねた母親に借金のカタとして売られ、一夜の間債権者の男に犯されるという体験をし、女性不信となる。これ以降、母親の命名によるミドルネーム "バルバロ

天皇陛下「夜のご執務」相次ぐ 夕方の閣議、書類到着も遅くなり…(産経新聞)
国宝土偶展 入場者10万人を突破 2月21日まで開催(毎日新聞)
「最高の笑顔見られた」 伊藤みき、地元・滋賀で大声援(産経新聞)
<押尾学容疑者>保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に(毎日新聞)
元選対幹部が控訴=小林千議員陣営の選挙違反−札幌(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。