So-net無料ブログ作成
検索選択

<相場操縦事件>早大OBら3被告に有罪判決 東京地裁(毎日新聞)

 早稲田大投資サークルOBらによる相場操縦事件で、証券取引法違反に問われた元投資会社社長、松村直亮(なおあき)被告(28)に対し、東京地裁は28日、懲役2年2月、執行猶予4年、罰金250万円(求刑・懲役2年2月、罰金250万円)の判決を言い渡した。多和田隆史裁判長は「労せずして多額の利益が得られることに目がくらみ不正取引を重ねており、身勝手」と述べた。

 弟の松村孝弘被告(26)は懲役1年6月、執行猶予4年、罰金150万円(同・懲役1年6月、罰金150万円)、不動産関連会社社長、三浦幹二被告(28)は懲役2年、執行猶予4年、罰金300万円(同・懲役2年、罰金300万円)。3被告合わせて追徴金約2億2600万円(同・約4億3000万円)を言い渡した。

 判決によると、3被告は共謀して06年6月、大量の買い注文を入れて取り消す「見せ玉」の手口などで東証1部上場企業2社の株価をつり上げ、計約240万株を売り抜けて約740万円の利益を得た。【伊藤直孝】

【関連ニュース
無登録営業容疑:未公開株販売の元社長ら逮捕 警視庁
インサイダー容疑:あおぞら銀元行員を逮捕 東京地検
インサイダー容疑:あおぞら銀行員を立件へ…東京地検
未公開株詐欺:被害者救済へ法制度導入を提言 消費者委
無登録営業容疑:避妊具自販機の投資話で岐阜県警3人逮捕

徳之島「構想」より緻密な提案を…米国務次官補(読売新聞)
河村市長「恒久減税、駄目なら解散しかない」(読売新聞)
東北電力元社員に実刑=用地補償費詐欺−秋田地裁(時事通信)
「すべての役職を解く」―製薬協が田辺三菱を処分(医療介護CBニュース)
<殺害>「別れ話で」男が浦和署出頭 池袋で遺体発見(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。